MENU
カテゴリー

世界一の都市ニューヨーク!ブルックリンブリッジを歩いて観光!

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

ついに今回の旅、最終の都市NYまで来ました。

長かったのですが、なんといっても世界一の都市NYなので楽しみでわくわくです。

目次

ブルックリンブリッジ

ブルックリンブリッジ ニューヨーク

遠くから見えるブルックリンブリッジです。

ブルックリンブリッジは映画やドラマでもよく出てくるので見たことある人も多いと思います!

ブルックリンブリッジ

こちらはマンハッタンブリッジで、2つの橋がすぐ近くにあります。

見分け方は、豪華かつ歩いて渡れるほうがブルックリンブリッジですね。

名前にマンハッタンが付いているのに、ブルックリンブリッジのほうが有名です。

すぐ下には、謎のモニュメントがありました。

最初、遊具かと思いましたが、よーく見ると、これでボルダリングできるんかな。

ついにブリッジを渡りますよー。

ブルックリンブリッジ 絶景

自転車も通行可能です。

周りもおしゃれな建物が多いのですが、橋自体もおしゃれです。

ブルックリンブリッジ 夕方

マンハッタン街の景色が一望できるのはいいですねー。

ブルックリンブリッジ 花嫁

花嫁さんもちらほらいました。

こんなとこで前撮りするのは一生の思い出になりますね。

ブルックリンブリッジ 夕日

ここから眺望できる夕陽も格別。

ブルックリンブリッジ 夕陽

夕陽に映えるマンハッタンのビルはすばらしい。

ブルックリンブリッジ 花嫁 かわいい

最後にかわいい花嫁さん。

ニューヨークの中華街に行ってみた

f:id:interactive000:20170218182530j:plain

夜はホストの人とご飯を食べよう!となっていたので中華街のおすすめのお店に連れて行ってもらいます。

中華街で待ち合わせだったのですが、中華街の場所がわからない。。。

すると、歩いていた中華系?の人に聞いてみると、おれも中華街行くし着いてこいよ。と言われました。

海外でこのパターンは怪しいぞ。。。

でもグーグルマップもあるし大丈夫かと思ってついて行くことにしました。

歩いている途中、めっちゃ喋りかけてきますが、なまりがひどすぎて全くわからない。。英語じゃなくて中国語やんと思っていました。

でもなんか知らんけど、通じないのを僕のせいにされたのは悲しかったな。

これで無事中華街につけばいいのですが、怪しそうなところに来たので、逃げました。

これだから海外は怖いんだよ。。そこからGoogle Map見て無事着きましたが、最初からそうしとけよっていう話ですよね。

ちょっとチャレンジしてみようと思ったのがミスでした。

bayard restaurant

f:id:interactive000:20170218182531j:plain

そのようなハプニングもありましたが、無事合致してから来たのがここ!

まあ中華街なだけあって、外見はぼろいです笑

f:id:interactive000:20170218182532j:plain

中に入ると壁一面に一ドル札が貼られています。

自由に貼っていいそうですよ。

このときはブログもやっていなかったので、お金もったいなーと思ってやらなかったです(笑)

f:id:interactive000:20170218182534j:plain
f:id:interactive000:20170218182533j:plain

さてさて、お料理のほうですが、さすが中華街。

NYでも1000円以下で食べることができてコスパよしです。

味の方も、美味しい。

YELPでも高評価なんでいいですね。

東京と同じように、都会のまわりにはハイレベルなレストランが多くあるのでいいですね。

ニューヨークは東京よりもめちゃめちゃ高いので気をつけないといけないんですけどね。

アイスクリームファクトリー

食後のデザートは中華街で有名なアイスクリームファクトリーにいきました。

激混みでした。

安くてうめぇ。

写真ないですが、めっちゃ混んでるところだからわかるはず!!

ニューヨークで泊まったところ

NYは行くところなんてありすぎて逆に困るやろと思って、合計8泊くらいする予定で日程を最後に変更しました。

本当はニューヨーク行って、ボストンかなと思っていましたが、やはりメインを最後にしないとね!

ところが、なんも調べてなかったのですが、さすがは世界一の都会なだけあって、ドミトリーのホステルですら1泊1万円くらいします。

しかも、全部予約で埋まっていました。。。
みんな安いところから探すもんね。。。。

ただでさえ、高いのにこれ以上高いとなると計画が破綻してしまうのですごく焦りました。

結局、カウチサーフィンで様々な人に頼んだ結果、女の人からヨット住みの人などOKしてくれましたが、1人がすべての日程を泊まってくれるならばOKだよと言ってくれました。

というのも、いろんな人に会いたかったので、2,3日ごとに申し込んでたんですよね。

普通、見知らぬ人を泊めるときは少ない日程でお願いされますよね。(だいたいのホストが長い日程はNGにしている)

だけど、この人は泊まらせてあげる人のことをよく知りたいから、短い日程ではその人のことをよく知ることができないだろ。っていう理由でした。

いい人そうだったのでぜひ!ということですべての日程の宿を確保することができました!ぱちぱちぱち。

家はNYCの隣のクイーンズでした。ここはNYCの近郊として絶対にきますよ。不動産買っているといいことあるかも?(笑)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる